2018年01月

今日は日課以外の運動は無し(^^ゞ

しっかり体を休めたが、足首はちょっとお疲れの様子。

アキレス腱は全然余裕なんだけどなぁ。
とりあえず、足裏もなんちゃってポイント治療を始めることにしよう。

つか、足裏の治療はされたことないような気がしなくもない。
せめる場所が違うんかな?(-ω- ?)

2月1日に広スタで練習出来そうな感じだが、雪がどうなるかってところ。
さすがに高速が凍結しとったらやばいしなぁ。

イメージ 1


実家に寄った帰りに思い付き、近くに車を停めてジーンズのまま、坂ダッシュ強行!

もちろん、アップはしていない。(笑)

📝メニュー📝
100m坂ダッシュ×4本
※繋ぎは走った距離を途中までジョグ

以上!

インフルエンザ予防のため、マスク装備で挑む。

やたらきつかった(;´д`)←そりゃそーだ

つか、ゴールから数m手前で失速しあげて、やけに遠く感じたな。

腸腰筋もだいぶ弱ってしまってるのだろう。
坂腿あげとか入れていくかなぁ。

イメージ 1


仕事終わってから30分ほど練習を。
最近は17時30を回っても明るいので助かるヽ( ゚∀゚)ノ

ドリル的な事をちょこっとしてから動き出す俺であった。

📝メニュー📝
▲簡易ドリル
▲流し
▲動きのギャップ埋め
▲シューズ100m×3本
※繋ぎ100mを2分ウォーク
12.1-12.2-12.5

以上!

中間走で足裏が後方に向くように走っていたつもりだったが、思ったより接地と引き付けのタイミングが間に合ってない感じだったので、そこらのギャップ埋めを。

していたら15分経過していた(;´д`)

A型人間は変にこだわりだすと止まらんくなるのがいかんねぇ。

とりあえず、よしとしたところで本練習へ。

スピード持久力を目的に12秒前半から中盤を目安にしたが、実際めっちゃ頑張っていた。(笑)

しかし、それでも12秒は切れずorz


そして3本目で大きく後退してしまった。
しかも、ケツワレっぽいことになっていた(^_^;)

何故だろうと思って30m付近までを撮影しっぱなだった動画を確認を。

納得した。

めっちゃピッチっていた。(笑)

モンハンで例えるなら、『水やられ』状態のおっさんの体力の減りでピッチピッチしてりゃ、そりゃ3本程度も保たんわ。

ちなみに、この状態は中学生から徐々に進行していくので、がむしゃらにずっと走っていれば大学くらいには中学の時のが速かった、みたいな事になる。

まぁ、女子は特にそれが顕著かな。(前傾区間が短かったりするから)


それはともかく、もうちょっ動きのとギャップ埋めをせんといかんなぁ。

今年に入って初めてのウェイトみたいなことを。

ただ、当初走るつもりでいたので、量は全くしていない(^_^;)
アップみたいなつもりだったしな。

📝メニュー📝
▲ハイクリーン24kg×5回×2セット
▲フロントフルスクワット24kg20回
▲ローイング24kg×20回
▲片足スクワット24kg×10回
▲座位カーフレイズ24kg×50回

※セット後に高速腿あげ10回

以上!


片足スクワットをやってみたら、思った以上に足首がバカになってて全然膝が折れんかった(;´д`)

いつからこんな状態だったんだろ。

とりあえず、10回やったものの、意味があるか分からんので座位カーフレイズを追加。

ふくらはぎは大きくするつもりないので強度はこのくらいで十分。

しかし、あんな雪が降るとは思わんかったなぁ。
その後天気が晴れてきたのでちょっと悔しかった、というのは秘密だ。(笑)

※これはトリガーポイント治療を専門とし、世間が筋膜リリース筋膜リリースと言う以前から筋膜と向き合っているTotal Bodycare Naitoの内藤君が書き起こしたもので、転載は本人の許可を得ています。


【筋膜の硬化は伝染する】

人から人へ伝染するわけではありません笑

例えば上腕の筋膜が硬化したとします。
日常生活・お仕事・トレーニング何でもよいですが上腕を使って起こしていた行動ができなくなると人間の身体は無意識に上腕の仕事を他の筋肉で代用します。

多くの場合上腕が利かなくなると肩や前腕で補います。
(わかりやすく説明するための例えです)
すると上腕の仕事も一緒に前腕が担うため負担は倍になります。
やがて臨界点に達した前腕の筋膜が硬化を始めて、腱鞘炎や指が不自由になってきたり握力の低下など様々な悪影響が出てきます。
そして上腕・前腕ともに筋膜が硬化すると次は腕をあまり動かさず背筋や胸筋・腰あたりの筋肉を使って腕を動かすようになります。

例を挙げるとキリがないですが、このように1箇所の筋膜が正常に働かなくなると次々に身体を伝染していき全身を蝕んでいきます。

こうなると健康状態にまで影響を及ぼします。
筋力の低下・精神障害・睡眠障害・免疫力の低下・基礎代謝の低下などなど・・・

人はこれを総じて老いと呼びます。

年齢を重ねたから身体に不調が出てきても仕方がない。
本当にそうなのでしょうか?

正しく筋膜にアクセスする事ができれば人体に様々な奇跡が起こります。
今まで何度も目の当たりにしてきました。

どんな健康法も正しい身体があってこそです。
日々のメンテナンスこそが最大の健康法だと信じています。

↑このページのトップヘ