2018年08月

仕事終わってコーチ。

今日はリレーからスタート練、ハードル練、幅跳び練。

終わってから個人的な練習を。

📝メニュー📝
▲60m×3本
7.5-7.4-7.3
▲300m×1本
42.4

以上!


ストライドを意識するポイント探しがてらのシューズでのガチ60m。

スパイク履いた中学生も一緒に。

1本目はまず歩数確認。

30歩くらいだった気がしていたが、実際は35歩だったΣ(゚Д゚)

22歩で上体起こして13歩ストライドを意識していくべきか…?

まぁ、53歩かかってた事を考えたら、4歩分をどこかで減らさんといかんしなぁ。

最後の3本目は意識していってたらハムがちょっと危うい感じがあった(;´д`)

まぁ、シューズで7秒3出るんなら意識点は間違いなさそうか。

ちなみに、中学生は3本とも俺の前を走っていた。
しかし、100mのベストは12秒台という謎。
実力的には11秒3台は出せてもおかしくない加速力。


もうちょい後半リラックスする練習を積まんといかんかな。

最後にシューズ300m。
10歩分だけ全力であとはスピード維持する事だけの300。

76kg弱のヘビーボディながら、けっこう楽に42秒で走れた。

練習方法に間違いはなさそうだ(°∀°)

フル出力から2日。
筋肉痛が癒えた感じなので買い物がてらにちょこっと練習。

📝メニュー📝
▲5歩ドリル
▲53歩走×4本
12.9-13.2-13.5-13.4

以上!

53歩走はいつものように10歩全力のアレ。

が、ストライドを改めてどのタイミングで意識するかを考える。

ボルトも言うように、60m以降はフォームを崩さず維持すること。

となれば、終盤ストライド伸ばそうとしてると体力の無駄遣いでしかない。

じゃあ、どこで伸ばすかと言ったら、最高速度に到達するまでに伸ばしておくべきかなと。

22歩で前傾解除してから60mまでの
歩数分の接地の踏み込みを意識。

ただし、前傾解除が早いと最高速度に達する地点が早まるのでそこは要注意かな。

それはさておき、60mを25歩のつもりで走っていたが、実際60mまで30歩だった気がした(^_^;)

もう5歩足してやってみないとなぁ。

日曜日ので筋肉痛真っ盛り。

一応ちゃんと体を使えてたようで一安心。

しかし、歩数は53歩くらいだったな。
加速が十分に出来てなかった分、ストライドも伸びなんだか。

ストライドはスピードに合わせて広がるもの。

とは言っても、スピードが落ちていく終盤において、ピッチに変えていては無駄に体力使うだけなので勘違いしてはいけない。

スピードに乗ったら後はキープあるのみ。

終盤ピッチが落ちるとか聞くけど、まずはしっかり加速すること。

スピードが落ちていくからピッチが落ちるんだから、まずはそこだな。
(前傾解除のタイミングとかね)

世界のトップ選手を見ても、終盤でスピード上げるだけの筋持久力は残ってないだから、終盤頑張ろうとか思わないことだ。

イメージ 1


仕事帰りに路上でTT。

走りの流れをもう一度しっかり確認するため

📝メニュー📝
▲路上約100mTT
11秒7

以上!

ノーアップではあったけど、けっこう動いてる感はあった。

が、タイムは思いの外遅い('_'?)

考えてみれば、昼飯に超ペヤング食ったのを忘れてた(;´д`)

そりゃ消化しにくい、肝臓に負担かかるもん食ってりゃそうなるわな(^_^;)

イメージ 1


夜勤前の買い物がてらにちょろっとだけ動いた。

あと、夜勤の交代前に施設内でしれっとフルでドリル。

仮想SDの方はなんちゃってポイント治療(セルフ)でハムがどうなったかの確認するため。

2歩ほど踏み込んでみたけど、気になるもんでもなかったな(°∀°)

それっぽい治療になってたのかも。


ドリルは久々にフルった。
股関節をドリルで動かす時間が少な過ぎるみたいで、けっこうかたまってたなぁ。

そして汗だくに(^_^;)
まぁ、デブってんな。

↑このページのトップヘ