カテゴリ: 戦績

・100m
11秒64 +0.5(3月)
11秒68 -1.7(4月)
11秒50 -1.4
11秒29 +1.0(5月)
11秒48 -2.0(6月)
11秒21 +1.0
11秒47 -0.7予選
11秒24 +1.7準決
11秒58 -0.1(7月)
12秒97 -0.3(10月)
12秒27 -0.9(11月)
11秒67 -0.5 第1レース
11秒72 +0.5 第2レース

・200m
23秒55 -1.8(3月)
23秒13 +0.4(4月)
22秒92 +3.8(6月)
23秒30 -1.2(7月)

・400m
51秒29 (5月)
51秒78 (7月)


こうして見ると去年とはうってかわって昇り調子だったのが分かる。

まぁ、中国マスターズ出場のための島根シャトルランした時のタイムは別だけど。(笑)

あとは肉離れ、か。
肉離れ一週間後と四週間後のタイム差が1.3秒ってのは面白い。
もう一週間あれば11秒3台くらいでは走れてたかもしれん。


そういや、今年は400に出る機会がほぼなかったなぁ。
しかも、オーバーペースだった時と島根シャトルランで足腰が死んでた時だから参考にならんタイム。

まぁ、51秒は普通に切れてたと思うけど。

▲100m
《3月》
11.59(0.3)
11.48(1.5)
11.51(-1.0)
《4月》
11.64(-0.6) 未調整
11.41(-1.2) 夜勤明け
《5月》
11.20(3.2)
11.85(-1.1) 中2日
11.24(0.6)
11.74(-3.4) 夜勤明け
《6月》
11.59(-0.4)
11.52(-0.5) 夜勤明けからの連戦
《8月》
11.47(0.9)
《9月》
11.55(-0.1) 未調整
11.55(1.1) 夜勤明け、往復200km運転、アップほぼ無し
《10月》
11.57(0.2) 夜勤明け
《11月》
11.58(0)

▲200m
《3月》
23.42(0.6くらいだっけ)
《4月》
23.29(0.5) 連戦
《6月》
23.56(-0.5) 夜勤明け
《9月》
22.98(2.5)

▲400m
《3月》
53.07
《5月》
51.95 夜勤明け
51.99
《9月》
52.68 未調整
53.23 連戦
《10月》
53.02 夜勤明け、未調整

冬季練習前に短短に専念するとぶちあげて挑んだ今季だったが、見ての通り、今一つな感じで終わってしまった。

期待してくれていた方々には申し訳無い。

最大の失敗は「速く動かす事」に固執してしまった事。

初心者くんには「ゴ○ブリのような速さ」だと誉めて?もらっていたが、スタートからそれでいくには少々若さが足りんかったかなという気がしないでもない。

しかし、シーズンを通して「会心の走り」ってのがなかったのは地味に痛い。

100mシーズンベスト11秒24を出した時でさえ、スタート数歩が微妙な動きだったしな(*_*)

ぶっちゃけると、去年途中から破竹の勢いでベスト更新していってたのは、電動測定器を買って、それまで短長だったのが短短的にスタート練習を重点的していったのがハマっただけなんじゃないかという気がしないでもない。

まぁ、今季は失敗な感は否めないけど、少なくともここ数年で最高のピッチにまで仕上げれたという意味ではよかったんじゃないかと思う。

ヤフーブログに移行したのが2011年で、それ以前の成績が欠けてるので補完しとおく(・∀・)


■2009年(8月中旬から練習開始)
・県民体育大会
4×100mR 46秒8くらい
(ビデオで計ったラップタイムは11秒2くらい)

■2010年
・東広島記録会
100m 11秒98(風不明)
・中国マスターズ陸上競技選手権大会(島根)
100m 11秒97(-0.6)
・中国マスターズ記録会(岡山)
100m 11秒67(-0.1)
60m 7秒42(-1.2)
・県民体育大会
4×100mR 46秒20


2009年8月13日、引退してから初めて競技場に運動しに来た時に、たまたまコーチ中のH守さんに会い、リレメンにスカウトされたのが事の始まり。

2008年12月から暇潰しにプヨプヨした体をジムで絞っていた俺だったが、何となく競技場に足が向いたのは、やはり運命だったのだろうな

翌年2010年から東広島市陸協、広島マスターズの一員として本格的に走り出す。

初戦は前日にクラブのコーチ陣で焼き肉を食いまくってたせいで体が異様に重かったなぁ。

大会前日に消化の悪い焼き肉なんぞ食うもんじゃねぇ!としみじみ思ったっけな。(笑)

マスターズ初戦は島根県は浜山公園。
当時乗っていたMTの軽自動車で初めて遠出したのもあって、ふくらはぎはガチガチで踵に痛みがあったりとコンディションは最悪だった。

しかも、天気は雨だったしな

なるさん、244さんと初めて出会って喋った大会でもある

その後、踵の慢性的な痛みに一年ほど苦しむ事になる('A`)

津山では割と調子がよく、復帰後の100m自己ベストを更新。

N永さんに競り負け、本調子だったら或いは!と思ったりしていたが、後日N永さんも足が本調子でなく抑え気味だったという話をブログで見て、一人恥ずかしい思いをしていたのは秘密だ。(笑)


県民体育大会ではマスターズにも参加されてるT辺さんから色々とお話を。

10秒台で走る人は100mをバウンディングで30歩前後でいくという話は衝撃的だった!

もっとも、今もそれは達成出来てないから、そのへんの体の使い方がなってないのだろうなぁ

今季100m
11秒38(+1.5)
11秒64(-2.1)
11秒85(-3.2)
11秒29(+1.0)
11秒36(+0.4)
11秒37(-1.2)
11秒44(-0.6)
11秒27(+0.5)
11秒17(+3.2)
11秒22(+0.5)
11秒30(+0.3)
11秒20(+0.7)
11秒04(+2.3)

今季200m
23秒46(-2.6)

今季400m
50秒91
50秒07
50秒76
51秒07
50秒81
50秒22
50秒50
52秒03
50秒62


こうして見ると、今年はあまり400を走ってないんだなぁ。

一番参加しやすいはずの経大記録会に参加出来なかった事が多かったからか

しかし、5月以降、49秒台を出すチャンスは何回かあったはずなのに活かせなかったのは問題だ。

せっかく100mの絶対スピードが上がってるわけだし、もっとアグレッシブなレース展開を心がけねば!

冬季練習はしっかり距離を踏もう。

100mは言う事は特にない結果だけど、必要な事を忘れてたりするのでそのへんをしっかり体に覚えさせなきゃな。

最終戦時は腰?の痛みがまた出かけてたし、体のケアにも気をつけないとだ

・100m
11秒61(-0.6)
11秒67(-2.0)
11秒44(0.5)
11秒44(0)
11秒59(-0.8)
11秒47(0.1)
11秒45(0.9)
11秒41(1.7)
11秒33(2.6)

今季の100はこんな感じだった。

地力の底上げは出来たなって感じ
とは言え、11秒4台を安定して出せてるから11秒2台をどっかで欲しかったな~('A`)

まぁ、あられが降るほど気温が低かったり、走ってる途中でよろけて足挫いたり、夜勤明けだったり、高速道路が事故っててアップする時間が足りんかったり、アップ中からハムがズキズキするほど危険な状態だったりと、本当に良い状態で走れたのは最後の山口だけだった気がする

とりあえず、去年の平均タイムが11秒6台だったし、来年は更に0.2秒縮めて11秒2台を安定して出して、10秒を狙いたいところ。

技術的にハムに負担かける走りを確実に使いこなせるようにならなきゃな。

・200m
22秒88(2.2)
23秒41(-2.9)

国体強化と中国マスターズの2回のみだったが、風のギャップがひどい。(笑)

国体強化は春先だったがいい状態で走れたと自画自賛したい。記録自体は参考記録だけど(ノд`)
中国マスターズは前日に整体でニューフェイスだったO君に硬くなっていた股関節まわりを強マッサージされてしまい、揉み返しで痛い事になっていたので仕方ない
まぁ、彼に一言言わなかった俺が悪い

来年走る機会があれば学生時の記録(22秒50)は更新したいところ。

・400m
53秒38
51秒81
51秒69
51秒49
51秒36
51秒07
50秒61
52秒54

最初のレースでいきなりずっこけるタイム

いつの間に前半の200で上半身が前に出すぎる癖がついていた為に、200過ぎてから筋力が保たずに大失速するという状態だった。(5月の広島市記録会でようやく気付いた)

しばらく前半からスピードを上げるのがトラウマになってて苦戦した

↑このページのトップヘ