カテゴリ: トリガーポイント治療と患部

※これはトリガーポイント治療を専門とし、世間が筋膜リリース筋膜リリースと言う以前から筋膜と向き合っているTotal Bodycare Naitoの内藤君が書き起こしたもので、転載は本人の許可を得ています。


【筋膜の硬化は伝染する】

人から人へ伝染するわけではありません笑

例えば上腕の筋膜が硬化したとします。
日常生活・お仕事・トレーニング何でもよいですが上腕を使って起こしていた行動ができなくなると人間の身体は無意識に上腕の仕事を他の筋肉で代用します。

多くの場合上腕が利かなくなると肩や前腕で補います。
(わかりやすく説明するための例えです)
すると上腕の仕事も一緒に前腕が担うため負担は倍になります。
やがて臨界点に達した前腕の筋膜が硬化を始めて、腱鞘炎や指が不自由になってきたり握力の低下など様々な悪影響が出てきます。
そして上腕・前腕ともに筋膜が硬化すると次は腕をあまり動かさず背筋や胸筋・腰あたりの筋肉を使って腕を動かすようになります。

例を挙げるとキリがないですが、このように1箇所の筋膜が正常に働かなくなると次々に身体を伝染していき全身を蝕んでいきます。

こうなると健康状態にまで影響を及ぼします。
筋力の低下・精神障害・睡眠障害・免疫力の低下・基礎代謝の低下などなど・・・

人はこれを総じて老いと呼びます。

年齢を重ねたから身体に不調が出てきても仕方がない。
本当にそうなのでしょうか?

正しく筋膜にアクセスする事ができれば人体に様々な奇跡が起こります。
今まで何度も目の当たりにしてきました。

どんな健康法も正しい身体があってこそです。
日々のメンテナンスこそが最大の健康法だと信じています。

※これはトリガーポイント治療を専門とし、世間が筋膜リリース筋膜リリースと言う以前から筋膜と向き合っているTotal Bodycare Naitoの内藤君が書き起こしたもので、転載は本人の許可を得ています。


【筋膜リリースとは?】

最近、ようやくメディアで取り上げられるようになってきて「筋膜リリース」や「筋膜はがし」というワードを耳にする機会も増えてきたと思います。

しかし、印象が先行して間違った認識をされている方が多いように感じます。

リリース・はがすと言っても本当に「引っぺがす」わけではありません。
というより、本当に「引っぺがす」と筋膜にダメージが加わり状況が悪化します。

正しい筋膜リリースとは「元の状態に戻す」事です。

人体は元々「満ち溢れた生命力」の塊なのです。
ある条件が重なることで自然回復力が低下・失われていきます。
元の状態に戻す事こそ筋膜リリースの最大の目的であり、人体の持つ「満ち溢れた生命力」こそが奇跡を起こすのです。

筋膜が硬化・癒着を起こすと人体に様々な悪影響を及ぼします。
「身体が感じる不快感や痛みの95%は筋膜の異常が原因」とも言われています。

筋肉・骨格を支配する筋膜が異常を起こすと
運動パフォーマンスの低下
慢性的な痛み
骨格の歪み
内臓機能の低下
基礎体温・基礎代謝の低下
免疫力の低下
肉体的ストレスからくる精神障害 などなど
挙げるとキリがありません

筋膜リリースとは正しく扱えば奇跡を起こす治療法だと思います。
一方で間違った扱い方をすると人体を滅ぼすこともできると思います。

自分の持つ知識は本当に正しいのか判断が要求される時代に突入しています。
自分の目で見て肌で感じ正しい選択ができる人間になりましょう!

※これはトリガーポイント治療を専門とし、世間が筋膜リリース筋膜リリースと言う以前から筋膜と向き合っているTotal Bodycare Naitoの内藤君が書き起こしたもので、転載は本人の許可を得ています。

【そもそも筋膜とは?】
筋膜とは簡単に言うと結合組織です。

筋肉と筋肉を結合するもの
筋肉と骨を結合するもの
筋肉と腱を接合するもの
骨と腱を結合するもの
体内の隙間を埋めるもの
内臓の位置を支配するもの
筋肉を覆い支配するもの

ざっくりこんな感じです。

大きく分けて「浅筋膜」と「深筋膜」があり
浅筋膜は皮膚の下にある一枚の大きな膜
深筋膜は各組織を覆う単体の膜
(わかりやすくするための表現です)

【筋膜のもつ性質】
本来は柔軟性があり滑らかな組織である
筋膜の柔軟性により筋肉の稼動範囲(伸張率)が決まる
筋膜は人体の中で一番痛みのシグナルを発する
外傷・栄養不足・蓄積疲労により硬化・収縮・癒着を起こす
一度硬化・収縮・癒着を起こすと基本的には自然治癒は難しい
※あくまでイメージしやすいように表現しています

【誰にでもできる簡単なセルフケア】
水分不足になると筋膜は硬化しやすくなりますので、運動前後にしっかり水分補給をする事が大事です。

筋膜は暖めると緩みやすく冷やすと硬化しやすい組織ですので、基本的には身体は温める事が大事です。

アイシングとは炎症に対する対処法でありクールダウン目的で筋肉を冷やす事はデメリットしかありません。
血流が弱くなり結果的に栄養不足に陥ります。

昔から身体を冷やすとよい事はないと言われますが、筋膜が硬化することで内臓の位置なども変化してきます。
結果的に内臓は正しい働きができなくなり免疫力の低下など様々な異常が身体に起きます。

外部からの衝撃で筋膜はダメージを受け硬化していきます。
強度の高いマッサージはオススメしません。
強い力で「筋肉をほぐす」・「筋膜をはがす」は絶対NGです。
筋肉・筋膜とは思っているより簡単に破壊されます。
筋膜の正しい性質を理解している人は強い力で対処しません。
強い力で破壊と再生を繰り返した筋肉は柔軟性の乏しい硬い筋肉になります。

日本では古くから「筋肉と骨」のみに焦点を当て医療を進めてきたので筋膜への理解力がまだまだ低いと思います。
今ある常識は本当に正しい常識なのでしょうか?

今ある常識に踊らされず本物を見抜く目が必要な時代が来ています。

次回は筋膜リリースとは?初級編です。

※これはトリガーポイント治療を専門とし、世間が筋膜リリース筋膜リリースと言う以前から筋膜と向き合っているTotal Bodycare Naitoの内藤君が書き起こしたもので、転載は本人の許可を得ています。


【運動パフォーマンスの現在値と最大値】

わかりやすく言うとRPGの現在HPと最大HPのようなものです。

大事なのはゲームと実際の生身では変動する値が違うという事です

現在値をA、最大値をBとします。

筋肉がフレッシュな状態を
 A100/B100とします
トレーニングにより筋肉組織が破壊された結果
◆A80 /B100に変動したとしましょう

筋肉組織の破壊により現在値が低下する。

変動数値がこれだけならRPGと同じで回復してやれば済む話なのですが、人体はそう簡単にはいかないのです。

一番重要なのは人体は

「蓄積疲労により最大値も低下する」

という事です。

つまりトレーニングによる負荷とケアによる回復のバランスが取れていないアスリートは蓄積疲労が溜まることでこうなります
A100/B100 → A80/B98

これでは最大まで回復させても、そのアスリートの現在値は98までしか回復しません

気づかないまま症状が進行すれば
A98/B98 → A80/B90
という形でパフォーマンス最大値がどんどん低下していきます

これが俗に言う
「ピークを過ぎた」状態なのです

現在値を回復させることは簡単です
マッサージやストレッチ、休養などで回復します
問題は最大値の回復手段が難しいということです

最大値=筋膜の状態
ストレッチやマッサージで筋肉の状態をフレッシュにしても筋膜の状態は全く変わりません

筋膜とは筋肉や骨格を支配する結合組織で筋肉と同じようにほぐせば緩むといった単純な組織ではないのです。

詳しく書いていくと短編小説並みに長文になるので割愛しますが、現在値だけ考えたケアは必ずパフォーマンス低下につながってしまうという事を覚えておいてください。

結論だけ言うと最大値の維持・再生は可能です。
テーマ別に分けて少しづつお伝えできればと思います。

次回は「そもそも筋膜ってなんなの?」的なテーマで書いていきまーす

※これはトリガーポイント治療を専門とし、世間が筋膜リリース筋膜リリースと言う以前から筋膜と向き合っているTotal Bodycare Naitoの内藤君が書き起こしたもので、転載は本人の許可を得ています。


【疲労と蓄積疲労の違いとは!?】

大雑把な認識として

【疲労】=筋肉の疲れ
【蓄積疲労】=筋膜の硬化

【筋肉の疲れ】=エネルギー変換効率の低下
【筋膜の硬化】=運動パフォーマンスの低下

この違いを理解していないと自分の調子の波を操れない
さらに、今必要な正しいケアを選択できない

--------------------------------------------------------

次回は運動パフォーマンスの現在値と最大値について。

↑このページのトップヘ